難病と在宅ケア

キーワード検索

難病名や連載企画名また任意のキーワードで掲載されているバックナンバーを検索出来ますので、ご利用ください。

発行年月のアイコンをクリックしてください。各号の詳細ページが表示されます。

ご購入は、ショッピングカート、メール、またはお電話にてご注文ください。
■ご購入方法の詳細はこちら

難病と在宅ケア

バックナンバー

年間購読

2017年

該当件数(12)

2017年12月号 Vol.23 No.9

発売日 2022年1月28日
在庫: 在庫あり
特集1 高齢社会での人工呼吸療法

特集2 難病患者の就労支援

写真 患者会で主催した「筋痛性脳脊髄炎/慢性疲労症候群 世界啓発デーin岐阜2017」のスタッフ全員と塚本明里さん

2017年11月号 Vol.23 No.8

発売日 2022年1月28日
在庫: 在庫あり
特集1 患者・家族とスモークフリー

特集2 いまどきの退院支援、これからの退院支援

写真 5月27日、肺がん患者・家族で、厚生労働省の受動喫煙のロゴマークをもち法律の推進を訴えた

2017年10月号 Vol.23 No.7

発売日 2022年1月28日
在庫: 在庫あり
特集1 地域で生きる重症児(者)

特集2 老年医学の診断と治療はここまで進んだ

写真 脊髄性筋萎縮症患者で株式会社仙拓社長の佐藤仙務さんに伊藤佳世子さんがインタビューしている様子

2017年9月号 Vol.23 No.6

発売日 2022年1月28日
在庫: 在庫あり
特集1 ALS医療の新機軸

特集2 できる限り口から食べることへの挑戦

写真 子供たちと酪農仲間に囲まれて笑顔のALS患者・山田洋平さん

2017年8月号 Vol.23 No.5

在庫: 在庫あり
特集1 神経筋疾患のリハビリテーション

特集2 小児神経難病の緊急課題

写真 2016 年9月に発売開始した呼吸リハビリ機器「LIC TRAINER」を開発した国立精神・神経医療研究センター・寄本PT(左端)と、有明PT(右端)、治験に参加したALS 患者・高野元さん(左から2人目)

2017年7月号 Vol.23 No.4

在庫: 在庫あり
特集1 ALS医療の新展開

特集2 神経難病や障害を持つ子どもへの多職種連携

写真 2016年6月、日本ALS協会鳥取県支部が主催した世界ALSデーイベントで行われた「ALS疑似体験」の様子

2017年6月号 Vol.23 No.3

在庫: 在庫あり
特集1 重症心身障碍児者の医療的ケア

特集2 筋神経系疾患の排泄障害対策

写真 愛犬を膝に乗せ、視線入力パソコンを操るALS患者・三保浩一郎さん

2017年5月号 Vol.23 No.2

在庫: 在庫あり
特集1 多系統萎縮症の新しい道

特集2 ALS治療に光

写真 2016年5月に岐阜の長良川競技場で開催された『END ALS』のデッサンイベントで、モデルを務めたALS患者恩田聖敬さんと参加者

2017年4月号 Vol.23 No.1

在庫: 在庫あり
特集1 TLS(完全閉じ込め)にさせない挑戦

特集2 進展するNPPVの道程

写真 2014 年9月、表皮水疱症の国際会議であるDebRA International Congressパリ大会で、世界各国の友人達と再開を喜び合う宮本恵子さん

2017年3月号 Vol.22 No.12

在庫: 在庫あり
特集1 “口から食べたい”食の支援最前線

特集2 各種難病の最新治療情報

写真 ホテルオークラ新潟で10年以上続く「ばりあふり~お食事会」で、料理長と記念撮影をする、参加者と家族ら

2017年2月号 Vol.22 No.11

在庫: 在庫あり
特集1 ALS患者の明るい未来

特集2 摂食嚥下障害からみた筋神経系疾患

写真 2016年9月、アメリカ大使館で開催されたケネディ米大使主催のレセプションにて。ALS協会理事の嶋守恵之さん(中央)と、同行のヘルパーら

2017年1月号 Vol.22 No.10

在庫: 在庫あり
特集1 重症心身障害児(者)の医療的ケア

特集2 障がい児童・学生の学びと修学支援

写真 大分大学病院のドクターヘリの勇姿。下段中央は機内に搭載している呼吸器、同右はヘリに搭乗し呼吸器を操作する臨床工学技士

年間購読の
ご注文について

年間購読をご注文の方は、ご希望の開始年・開始月を選んだ上で、「カートへ入れる」をクリックしてください。

ショッピングカートがうまく動作しない場合はメール、またはお電話にてご注文ください。
■ご購入方法の詳細はこちら

年間購読の注意事項

  • 銀行振込、郵便振替がご利用いただけます。※クレジットカード決済はご利用いただけません。
  • ご注文頂きましたら、雑誌と請求書、郵便振替用紙をお送りいたします。ご入金の確認後、続刊をお送りいたします。
  • 1年毎の更新となります。
  • 年間購読終了月の1か月前の号に継続案内を送付いたします。

ページの先頭へ