【INDEXに戻る】
←2021年2月号↑2021年一覧へ
難病と在宅ケア 2021年3月号 Vol.26 No.12



写真上 青い空の下で職場の大好きな先輩方と
    共に写る梅津陽亮さん
写真下 楽器歴23年の梅津陽亮さん
    「仲間との合奏は最高です!」

数量:

※ショッピングカートがうまく動作しない場合は、
メールまたはお電話にてご注文下さい。
■ご購入方法の詳細はこちら

特集1 難病患者のコミュニケーション支援
第1部 難病コミュニケーション支援と普及活動
      NPO法人ICT救助隊 今井 啓二
第2部 視線入力を活用した「遊び」と「コミュニケーション」の支援
      島根大学 伊藤 史人
第3部 iPadをスイッチで使う
      有限会社オフィス結アジア 高橋 宜盟
第4部 入力スイッチと支援機器の導入について
      アクセスエール株式会社 松尾 光晴
第5部 絵を描く仕事に就いて
      脊髄性筋萎縮症患者 久保 利恵
第6部 支援経験の中での気づき
      都立神経病院 本間 武蔵


特集2 ALS等の看護支援
第1部 在宅におけるALS患者の呼吸ケア
      あい訪問看護ステーション平尾 温盛由紀子
第2部 難病療養者への災害対策の取組み
      群馬県前橋市保健所 吉野 雅美 他
第3部 進行性核上性麻痺をもつ人への看護支援
      聖路加国際病院 畑 和枝
第4部 難病医療と遺伝医療の融合
      獨協医科大学 須坂 洋子


連載企画
■写真紹介 難病「だからこそ」
     栃木県/筋強直性ジストロフィー患者 梅津 陽亮
■各種難病 新型コロナウイルス感染症と炎症性腸疾患について
     戸畑共立病院 酒見 亮介 他
■各種難病 環境過敏症を知り、新しい選択をしていくために
     獨協医科大学 鈴木 珠水 他




 ◆関連バックナンバー/書籍◆
数量:
数量:
数量:
数量:
数量:


INDEXに戻る